PROFILE

彫刻家 萩原 亮の作家画像

萩原 亮

Ryo Hagiwara
1985年神奈川県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。
「人は対象の何を見てそのものらしさを感じるのか」をコンセプトに、現在は主に動物をモチーフに3DCGを用いて制作。立体を構成する無数の稜線の中から、形の本質を捉えた最小限の線を抽出し、バーチャル上のxyz座標に配置することで立体を構成している。
その最適化された曲線によって結ばれた緊張感のある造形は、360度どの方向から鑑賞してもモチーフの特徴を捉えたミニマルな形になっている。
またデジタルツールを駆使して生み出すインダストリアルな線の要素は、従来の“のみ”や“へら”などを使った「手仕事」で生まれる線とは異なった性質を帯びている。
もはや現実世界でモデリング作業を行わないこの表現は、はたして「彫刻」と呼べるのだろうか? 線と形の認識について、ブロンズ、陶、ナイロン、樹脂などの様々な素材と彫刻技術との関係性から問いかける。
文:美術解説するぞー/鈴木 博文 
1985年
神奈川県生まれ
2011年
東京藝術大学彫刻科卒業
2013年
東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
2009年
第65回ハマ展 横浜開港150周年記念賞
2010年
ハマ展 会員・会友・一般受賞者展
2011年
SOTTEN1.5
第67回ハマ展 協会賞
取手ストリートアートステージプロジェクト2011
2012年
第5回小江戸川越トリエンナーレ 入選
2013年
Art Wave Exhibition vol.17~創造のイノベーション (RECT VERSO GALLERY)
MOTビル(東京御徒町) エントランス 鉢植え デザイン・制作
ビル名サイン デザイン監修
2014年
「さくら」 上野の森さくらテラス(東京上野)
2015年
いりや画廊若手作家支援プロジェクトVol.4「初詣」
第79回新制作展入選
2016年
いりや画廊若手作家支援プロジェクトVol.5「polite」
Who By Art vol.5 (西武渋谷店B館8階 美術画廊)
2017年
いりや画廊若手作家支援プロジェクトVol.8「バリュープライス」
2018年
Bird Love Watch (RISE GALLERY)
2019年
Bird Love Watch 002  (MEDEL GALLERY SHU)
Bird Love Watch 003 (秩父表参道Lab.)
個展 HAGIWARA RYO EXHIBITION (いりや画廊)
2020年
第16回KAJIMA彫刻コンクール 入選
2021年
Owls 2021 (四季彩舎)
個展 Weekly Sculpture (いりや画廊)
POP-UP 3D #1 彫刻家 萩原亮 展 (DMM.make)
不忍池界隈の老舗の魅力を若手アーティストが再発見 (多慶屋)
2022年
meets!art 2022 (CONNECT名古屋ショールーム)
Future Artists Tokyo Satellites 2022-SHIP- (Hareza池袋)
大フリースタイル陶芸展 vol.1 (NADiff contemporary)
第8回神保町ヴンダーカンマー (奥野かるた店)
D-art,ART 2022 (松坂屋名古屋店)